アーモンドミルク結構良いです! 2016年11月9日

30歳を越えた今年2016年……もう何から何まで色々と衰えを感じるようになりました。
化粧ノリの悪さもそうですが、「シミが増えたなぁ」なんて、気がついてしまったり、眉間に小じわが寄り始めた? なんて嫌な発見が日々増えています。
そこで本格的に気になり始めたものと言えば、エイジングケア。
20代前半期から美白ケアには相当力を入れていたので肌は白い方ですが、エイジングケアは正直今の今まで無頓着だったのです。
だって、自分には未だ早いかな? なんて年齢からして思っていましたから。
ですがもう30代。これは人事ではありませんよね。
むしろ「アンチエイジングは気になった時から即スタートすべき」なんて言われるくらいですから、自覚した途端に様々な情報を収集しケアの方法もガラリと変えてみたのです。

ですが、化粧品ケアだけでは程も知れていますからね。
また化粧品の効果をよりアップさせる為には自分の身体を作る土台……生活習慣なども比例するものですからね。不摂生な食事や睡眠不足では当然良い効果も出してくれません。
ですが栄養管理ってかなり難しいものですからね。
アンチエイジングにはビタミンEが良いと言われているものですが、豊富なビタミンEを含む卵黄やナッツ類ばかり食べるワケにはいかないものです。
(まず大量に食べる事なんか出来ませんからね)

2016-11-%e6%9b%b4%e6%96%b02-12

そこで、私が目をつけたものがアーモンドミルクです。
2015年前半期ほどから頻繁に見かけるようになりましたが、これを毎日飲むようにしています。豆乳が嫌いなので、こういったものって正直どうかな? なんて、思えましたが、継続して飲める程に美味しいのでお気に入りドリンクとなっています。
勿論飲んでいるものは無加糖です。カロリーも低い上、脂肪にもなりにくいので空腹時やおやつ代わりに飲んでいますが、飲み始めてから化粧のりが前よりも良くなった? なんて感じる事が多々あります。
やっぱりダイエットにしても美容にしても食材を取るのであれば、継続させない事には微塵も効果も無いだな……なんて実践してから本当に感じるようになりました。
またこの時期から血液循環も悪くなり末端がすぐに冷えるのですが、アーモンドミルクのビタミンE恩恵か、未だあまり末端に冷えを感じないのも嬉しいですね。
美肌にしても、健康にしてもやはり血液循環の良さってとても大切には違いないです。
そこで血液循環を活性化させるビタミンE、アンチエイジングを気にしている方も冷え性の方もこれからの季節免疫力も低下するからこそ注目してみてはいかがでしょう?
アーモンドミルクおすすめですよ!

【秋メイク】ボルドーカラーのアイラインがトレンド♡ 2016年10月8日

2016-10-%e6%9b%b4%e6%96%b02-12

数年前まで若年齢層のメイクの基本ともなった囲み目メイク。
悪く言ってしまえばパンダメイクかも知れませんが、粘膜ギリギリまでアイラインを引いて、くっきりハッキリと目をデカ目に魅せる効果を狙う手法として世に広まりました。
しかし、このデカ目で盛れる”囲み目メイク”の最大の弱点と言えば、少し品性もなく見えてしまう上威圧的な雰囲気に感じてしまうという欠点を持っていましたね。
また、ここ最近流行った上瞼のアイラインを鋭く描くキャットラインも同じような欠点を持っていますね。

ですがこれらのメイク、ボルドーやバーガンディーのアイライナーで行うとそこまで硬い雰囲気にならない上、可愛らしく優しい雰囲気で仕上がるなんて話題を集めているのです。
またボルドーやバーガンディーなどのカラーだけに限らず濃い・濃厚なオレンジやカーキなどの所謂秋色カラーを用いてもOKとのこと。
そうする事によって今の季節感にも見合った愛されメイクが出来るのです。
これを聞くと試してみたい! なんて、私も安直に思えたので、アイテム探しに赴いたのですが……意外にもトレンドである筈の濃厚赤のアイライナーって売られてないんですよね。ドラッグストアに雑貨屋さん数件を梯子して探したものですが、全く置いてないのです。都内などの百貨店や化粧品あどを多数取り扱う場所などとなれば販売されているかも知れませんが、やはり地方。このあたりは少し弱いのでしょうか。

なので困った時と言えばネット通販ですね。
そこで実際に検索をかけてみましたが、意外いも沢山あったのです。
またカラーも結構豊富なので、カラーアイライナーを確実に購入するのであれば、ネット通販を使った方が賢明では? なんて、感じるものです。
また噂によると100均などでも売られているそうですが、ネイル用品や化粧をする上でのパフやコットンなどの消耗品ならまだしも、ファンデーションの上からとは言え肌に塗るアイテムが100均って大丈夫なのかな? なんて少しだけ不安を感じてしまうものですよね。トレンドになっているくらいなのできっともっと売れる筈…。
「カラーアイライナーがリアルショップでも増えないかなぁ」なんて最近思っています。

ニトリのプチプチ美容家電が人気を集めてる!? 2016年9月9日

電化製品屋で美容家電を見ると結構高いな~なんて感じるものですよね。
兎に角最安値で! という時はネットで検索をかけたりもしますが、それでもあまり電化製品屋と変わらないなんて場合「お金が勿体ないしいいや」なんて諦めてしまう事が私も多々あります。
しかし、本題にもしましたが”ニトリの美容家電がかなりプチプラで良い”なんて情報をこの間ネットを巡っていた時に見つけたのです。
「ニトリってあの家具屋の?」「お値段以上~の?」自分自身も感じてしまったのですが、”お値段以上ニトリ”のニトリです。

正直家具屋なんか用事さえ無ければそうそういかないものなので全く知らなかったのですが、今ニトリって電化製品がかなりアツイそうで美容家電にもなかなか力を入れてるとのこと。それもプチプラと言われているものですが、プチプラの基準と言えば大凡1000円~3000円ほどですよね? しかし、ニトリ500円からと、超破格なんです。
500円美容家電の中で人気を集めているものは数種ありますが、フェイスシェーバーもその中に含まれているとのこと。
フェイスシェーバーと言えばパナソニックのものを普通に家電製品屋で購入すれば3000円~4000円が妥当な値段でしょう。安くたって2980円くらいですよね。それが500円。
かなりお手頃価格なので眉剃りや口ひげケアにちょうどよさそう?! なんて、思えてしまいますよね。
また、LEDランプのネイル乾燥機も500円で販売されているとのこと。
ジェルネイルの硬化は出来ませんが、普通のマニキュアというと乾くまでに時間もかかるのでこれはありがたいですよね。マニキュアが乾燥しきるまで手が使えない不便さは女性なら誰もが分かるものでしょう。これをたった500円で時短出来るのはありがたく感じるものですね。また爪を削るネイルケア用品も500円で販売されているとのこと。
自宅でセルフネイルをする事が好き♡ という方にはピッタリなものが本当に多いです!

2016-09-%e6%9b%b4%e6%96%b02-12
安く綺麗になれる。これ本当究極の理想ですよね♡

家電と言えば基本的に1回使って処分というものではありませんからね。
割と長く持つなんて話も聞くので、今後更に美容家電のラインナップが増えないか? と、期待も高まってしまいますね!

メイクはやはり年相応って大事 2016年8月6日

最近自分自身でも気がついた事ですが、ファッション同様にメイクにも年相応といった部分って本当に大切ではないのか? と、感じるものです。
ここ最近の流行りのメイクと言えば、以前も紹介したウサギ風に赤のアイシャドーを用いたメイクや、鋭いアイラインを引くキャットラインが流行っているものですが……これら双方似合うのは20代までではないのか? と、考える事が出来ます。
前者のウサギ風でしたら、まだアレンジ次第では30代の方だって楽しむ事が出来るのでは? と、考える事も出来ますが、後者のキャットラインにおいては無理をしている感が出やすくなってしまうのでは? と、考える事が出来ますね。
また、ここ数年の流行だったメイクと言えば、囲み目メイクが挙げられますよね。
今でも20代ギャル系女子がこの囲み目メイクをしている方って非常に多いものです。
ですが、やはりこれも30代にはキツそうだな……なんて、感じてしまうものです。

人の悪口を言うのは良くない事ですが、以前都内に外出する際の電車の中で鋭いキャットラインを引いた30代程の女性を見た事がありました。
服装はギャル系のファッションです。
ファッションや身なりは人に迷惑をかける事もありませんし、自由だからこそ良いとも感じるものですが、やはり歳に見合っていないな……なんて、素直に感じてしまったのです。
ある意味コレって反面教師ですよね。
自分ではこういう傾向が好き! こんなかんじになりたい!と、思ったとしても年齢に見合ったものがやはり一番マッチしやすいのでは? なんて、改めて感じてしまいます。
やはり、無理をしている感が表に出てしまったら一気に台無しになってしまいますからね。

それに自分自身もここ数年で知った事ですが、20代の頃は囲み目メイクをしたりスモーキーアイ系のアイメイクに力を入れていたものですが、どうにも血色が悪く見えてしまい、不健康が更に不健康に見えてしまう……なんて、事があったのでアイメイクを薄くしてリップやチークに気を遣うようになりました。

2016.08.更新2.12
これだけでかなり見栄えも代わりファッションの方向性もガラリと変わったのです。ある意味メイクを変えるだけで新しい方向性を見いだせるので、メイクって本当に奥が深いものだと感じますね。

敏感肌の化粧品選びについて… 2016年7月10日

自分自身敏感肌だからこそ言える事ですが、本当に化粧品選びに困ってしまうものですよね! 何がそんなに困るかと言えば『この化粧品が凄く効きます!』なんてレビューで超高評価を得ている化粧品であったとしても、自分には刺激が強すぎてヒリヒリとしてしまたり、敏感肌用であったとしても合う・合わないがキッパリはっきりと分かれてしまう事が最もでしょう。
確かにそれもその筈であって……肌とは言え千差万別。
自分と全く同じ肌質という人は居ないのです。似たような肌質というものはあっても完全一致というものはまずあり得ません。
だからこそ、化粧品選びに悩んでしまうという事が言えますね。

──しかし、この化粧品選びについては”もはや試してみなければ分からない”といった部分が強いです。避けて通れないと言っても過言ではありません。
ですが、ここ最近では各コスメブランドで1週間トライアルセットや無料サンプルを配布している所もありますからね。口コミなどで情報収集をした上で自分に良さそうかも! と、感じたものを兎に角試してみるといった手段が最も賢明では? と、考える事が出来ます。

また、これは大前提の項目になりますが、敏感肌というものは健常な肌ではありません。
だからこそ、常に優しいケアを心がけると同時に、兎に角この敏感肌改善を優先して考えるべきだと言えます。
同時にシミやエイジングなど気になる部分も誰にだってあるものですが、やはり肌が健常な状態でなければ化粧品が本来持つ有効成分の効果を発揮してくれる事はありません。
だからこそ、最優先して敏感肌から健常な肌状態に戻す事を考えるべきだと言えます。

2016.07.更新2.12
また、今の季節と言えば……紫外線も気になるものですよね。

等しく降り注ぐものではありますが、肌の弱い敏感肌の方はこのダメージを人一倍受けやすいものです。なので今の季節はUVケアもしっかりと行う事が大切だと言えますね。
今では赤ちゃんでも使えるUVクリームも販売されている程です。
なので、敏感肌用のUVクリームも多数販売されているので日常紫外線の対策は万全に行っておくべきだと言う事が出来ますね。

UVケアは徹底的に… 2016年6月27日

6月ももう終わろうとしていますね。
衣替えも万端・夏の最終準備に取りかかる季節ですが……同時にこれから気にして行きたい問題と言えば紫外線のケアの事。
日頃から美白ケアをしている……なんて方はかなり神経質になるシーズンですが、そうでない方もやはりしっかりとUVケアをしておいた方が良いでしょう。

2016.06.更新4.12

誰もが存じている事ですが、紫外線と言えばシミを作る一大要因として挙げられますね。
このメカニズムは皮膚を守ろうと、メラニン色素が働きその結果肌を黒化します。
通常この時に新陳代謝と共にこれは排出されるものですが、排出しきれなかった残存メラニン色素がシミへと成り果てるという風に言われいます。
また、紫外線の悪影響と言えば……シミだけではなく老化を加速させてしまうとも言われていますね。ビニールを外へと置いておけば朽ちるように、服が日光によって色あせてしまうように光老化という言葉は肌にも当てはまるものです。
老化と言えば、女性ならば誰もが避けたいものではないでしょうか?
さすがに人間生きていれば年々歳を取るものなので『完全に老化を防ぐ』という事は不可能と断言する事が出来ますが、その進行を穏やかに遅くさせる事は出来ます。
だからこそ、UVケアはしっかりとするべきだと言えますね。

UVケアと言えば……UVクリームを塗るといったケア方法を想起するものですが、最近ではウォータープルーフのUVクリームも販売されていますね。
水部に行くレジャーにはピッタリなアイテムだと言う事が出来ますが、やはり完全防御は非常に難しいものなので、こちらも通常のUVクリーム同様にこまめに塗り直すといった対処が必要になります。
やはりウォータープルーフとは言え、夏場は汗だけではなく皮脂も出やすいシーズンなのでこの皮脂によって溶けてしまう恐れがあるからです。
完全防御をするのであれば、細やかな塗り直しの他、被服でガードするなどの対処が大事だと言う事が出来ます。

まるでRPGのゲームのようですが、防御力さえ上げれば紫外線はさほど怖いものではありません。確かに素肌で出てしまえばそれだけのダメージを喰らってしまうものですが、徹底的な防御さえすれば、受けたダメージを遅くする事が出来るのです。
今年の夏は徹底的な紫外線ケアをしていきたいものですね。

置き換えドリンクのダイエットの事だとか… 2016年6月12日

食事から置き換え式のドリンクってここ数年流行っていますよね?
代表的なものと言えば、酵素ドリンクがまず挙げられるものですが……私の行きつけの担当美容師さんもコレにかなりハマたらしく、講習会も受けて毎月頑張ってるそうです。
それに都市部には酵素ドリンクバーなんてものもあったり。
「本当に人気があるんだな」なんて感嘆してしまうものですね。
その他に流行っている飲み物系ダイエットと言うと、グリーンスムージーもここ数年で爆発的に人気を集めていますよね。
自分で作るのもOKですし、最近ではローソンやイオン系列のスーパーでもお手頃価格なグリーンスムージーも販売されているので、手取り早く始める事が出来そうです。

しかし、最近少し気になったドリンクを見つけたんですよ。
それが、コンブチャクレンズ。
何それ昆布茶? なんて初めは思ったんですけど、これは酵素ドリンクの進化系みたいな扱いと言って良いでしょう。

コンブチャクレンズは痩せない?

痩せる・痩せないの評判は様々ですが……上記した特集サイトでは5kg痩せに成功! なんて書かれていて『まじか、すごい!』なんて私、安直に思えてしまったのです。
しかも実体験された方。私と歳もそんなに変わらず、悩まれていた体型がほぼ同一といって良いほどに似通っているので、もしかしたら効果アリかも!? なんて、思えてしまったのです。

2016.06.更新2.12
しかし、このコンブチャクレンズを楽天などでお値段を調べてみたところ、なかなか高価です……。

継続して置き換えで飲み続けるとなれば、結構なお値段がいきそうだななんて、感じてしまいました。正直に主婦のお小遣いではキツそうかな? と、いった感想です。
しかし効果があれば、少し飲んでみたいとは感じるものですね。

段々と薄着シーズンになってきたのでぽっこりおなかも気になってしまいます。
今こそ贅肉を落とす時! には違い無いものですが、気軽に試す事が出来ない金額というのが少し痛いですね。また情報も少ないので、コンブチャクレンズ今後も少し調べてみようと感じています。

ムダ毛が気になり始めるこの季節 2016年5月25日

この季節になってくると、露出が増える事からムダ毛の問題って結構気になるものですよね。膝丈のボトムスアイテムを履いてる時に剃り残しなんか見つけるとギョっとしてしまいますし、半袖を着る事から脇の剃り残しってかなり気になってしまうものです。
だからこそ定期的にシェービングを行うものですが、本当ムダ毛って”ムダ”というだけあってすぐに生えて来ては剃ってとこの繰り返しになって「追いかけっこだなぁ」なんて感じてしまうものには違い無いでしょう。

2016.05.更新4.12
けれど、処理の方法は何もシェービングだけではありませんからね。

他の処理方法と言えば、まずはピンセットや脱毛器で毛を根本から抜いてしまう脱毛を連想するものです。その他にもテープで引き剥がして抜くという方法もこの部類に含まれますね。確かにこの手段というと、剃ってしまうよりも長い期間毛も生えてきませんし、有効な方法だと言う事は出来ます。

けれど、抜く方法って実はデメリットが沢山ある事ってあんまり知られていないものです。
毛を抜くデメリットとしてまず挙げられるものは、毛を作る細胞を刺激してしまう事によって、ムダ毛を更に濃くしてしまいます。
毛を剃ると、毛が濃くなるとう風に聞くものですが、これは間違いであって正しくは毛を抜くと濃くなるのです。確かに剃る事によって断面が太くなるのでムダ毛が太く逞しいものになってしまうという事はありますが、濃くなる事はありません。
このメカニズムは非常に簡単な事で頻繁にムダ毛を抜く事によって毛母細胞が活性化されます。その刺激によって毛が生えますが、次に生える時にはより強靱なものへと変わり、同じ毛穴から2本3本と毛が生えてくる事さえもあるのです。
そう考えるとコレって本末転倒では!? なんて、感じてしまうものですよね……。
その時は確かにスッキリ綺麗になくなる上、長期間生えないメリットはあるものですが、毛が濃くなってしまうとなれば、良くないという事が分かるのではないでしょうか。
そういった部分を考えると抜かない方が賢明で、未だ毛を剃っていた方が良いという事が分かりますね。

実際に私自身も永久脱毛をする前は毛を抜いていましたが、脇なんて剣山のように濃かった覚えがあります。そう考えると自己ケアって今一度考え直した方が良いという事が分かります。

まずは3kgから…無理したダイエットしてませんか? 2016年5月15日

ゴールデンウィークも過ぎ去って、初夏らしい陽気になって何だか嬉しく感じるものですよね♪ 初夏といえば、日差しも優しくて温暖な事から過ごしやすいもの。外で過ごすにしても家の中で過ごすにしても、快適な温度に違い無いと感じるものです。しかし、初夏ってそんなに長くも無い事が少し残念に感じるものですよね。
そしてこれが明ければ迫ってくるものと言えば……本格的な夏!
夏は夏で爽やかで良い季節には違い無いものですが、薄着のシーズンという事から、体型を気にしている方からすれば、酷なシーズンに違いありません。
そういった意味もあって、今のシーズンから夏に備えてダイエットをスタートさせる! という人って結構多いものです。

2016.05.更新2.12

──しかし、ダイエットを始めるにしても、その目標って高すぎるものじゃありませんか?
今月中に5kg痩せてやる! なんて目標って誰もが打ち出すものではないかと考える事が出来るものですが……確かに目標は大事だと思います。
何をするにしても目標を立てる事って、それだけで張り合いが生まれるものなので、悪い事では無いと感じるものです。しかし、あまり高い目標を立てる事ってダイエットにおいてはおすすめする事が出来ません。
それが何故かと言えば、あまりに過度な目標を立ててしまう事によって美容面だけではなく健康面を損ねてしまう危険性もあるからです。
先程挙げた1カ月に5kg……これって結構過酷な事をしなければ厳しいといえます。
その結果健康を損ねてしまえば、元もこうもありませんからね。
やはり無理はすべきではなく、1カ月におき最高でも3kg程度の減量が最も身体に対しても負荷がかかりにくいと言われているものです。

例えば夏までに5kg痩せたいと考えて……6月に3kg・7月に3kgと計算すれば、2カ月で充分達成出来るものではないでしょうか?
ダイエットは貯金と同じです。健康的に行うのであれば、ジワジワと徐々に目標数値を達成していけば良いものには違いありません。
やはり痩せるのであれば、不健康な痩せ方よりも健康的な痩せ方をしたいものですからね……是非とも、今年は健康的な痩せ方を目指してみてください♪

日本酒に注目!恐るべき日本酒パワー 2016年4月25日

ここ数年、美容観点において日本酒って何かと注目を集めているものですよね。
NEVERをはじめとするキュレーションサイトや、その他美容キュレーションサイトに特設サイトを設けたページまで作られていて…こういった記事の内容を見て私は率直に『そんな馬鹿な』なんて当時は思ったんです。
飲んでもOK塗ってもOK……は?塗る?! なんて率直に思えてしまったのです。

2016.04.更新4.12
しかし私はお酒が割と好きだとしても、あんまり日本酒は得意では無いのです。
何がダメかと言えば、匂いとあの独特の辛みですね。ビールの苦みやワインの渋みとはまた違った飲み口で……その上、割と度数の強いものが多い故に悪酔いをしやすいのです。
そういった理由もあって日本酒って割と苦手なので、飲むという点は消去。そして塗るという点を調べてみました。

塗るという事は酒屋で売られている日本酒を買ってきてベタベタと塗るという事ではありません。そういう化粧品があるという事です。

代表的、超有名ブランドを挙げるのであればSK-IIが挙げられますね。
SK-II自体は日本酒を製造する杜氏の手の美しさとキメ細やかさをヒントに製造された化粧品という事は有名です。また、最近では菊正宗を製造する会社でも日本酒の化粧品といったシリーズを販売し始めました。こちらにはコメ発酵液が含まれていてアルコールを含んでいません。実際に私自身はこの双方の化粧品を使った事がありますがSK-IIにおいては『さすが高級化粧品』というだけあって効果は抜群でした。エイジングを気にされされている方にこそ良いといった使用感でベタつきも感じずとても良かったという印象を持っています。しかし、金額的にはリピートは難しいかな? と、感じてしまいます。1カ月あたりに1万円ちょっと。正社員でもしてなければ無理ですね…。
一方、菊正宗に関しては800円程度で500ml。超プチプラです。
実際に使って今現在2週間経過しますが…今までの乾燥が嘘のようで化粧ノリがかなり良いです。正直これはアタリだった! と、感じますね。
しかし、これは個人の肌の質感や状態によって異なるもので、誰だって効果抜群! というワケでは無いですが……私自身は「暫くリピートしよう」と思えた程にここ数年の中では良い化粧品でした。
双方体感したからこそ言える事ですが、日本酒化粧品は”深層から潤っていく”といった感覚がします。また肌がワントーン明るくなりもっちりとするので、美白・乾燥を気にする方には良いものでは? と、考える事が出来ます。