ムダ毛が気になり始めるこの季節 2016年5月25日

この季節になってくると、露出が増える事からムダ毛の問題って結構気になるものですよね。膝丈のボトムスアイテムを履いてる時に剃り残しなんか見つけるとギョっとしてしまいますし、半袖を着る事から脇の剃り残しってかなり気になってしまうものです。
だからこそ定期的にシェービングを行うものですが、本当ムダ毛って”ムダ”というだけあってすぐに生えて来ては剃ってとこの繰り返しになって「追いかけっこだなぁ」なんて感じてしまうものには違い無いでしょう。

2016.05.更新4.12
けれど、処理の方法は何もシェービングだけではありませんからね。

他の処理方法と言えば、まずはピンセットや脱毛器で毛を根本から抜いてしまう脱毛を連想するものです。その他にもテープで引き剥がして抜くという方法もこの部類に含まれますね。確かにこの手段というと、剃ってしまうよりも長い期間毛も生えてきませんし、有効な方法だと言う事は出来ます。

けれど、抜く方法って実はデメリットが沢山ある事ってあんまり知られていないものです。
毛を抜くデメリットとしてまず挙げられるものは、毛を作る細胞を刺激してしまう事によって、ムダ毛を更に濃くしてしまいます。
毛を剃ると、毛が濃くなるとう風に聞くものですが、これは間違いであって正しくは毛を抜くと濃くなるのです。確かに剃る事によって断面が太くなるのでムダ毛が太く逞しいものになってしまうという事はありますが、濃くなる事はありません。
このメカニズムは非常に簡単な事で頻繁にムダ毛を抜く事によって毛母細胞が活性化されます。その刺激によって毛が生えますが、次に生える時にはより強靱なものへと変わり、同じ毛穴から2本3本と毛が生えてくる事さえもあるのです。
そう考えるとコレって本末転倒では!? なんて、感じてしまうものですよね……。
その時は確かにスッキリ綺麗になくなる上、長期間生えないメリットはあるものですが、毛が濃くなってしまうとなれば、良くないという事が分かるのではないでしょうか。
そういった部分を考えると抜かない方が賢明で、未だ毛を剃っていた方が良いという事が分かりますね。

実際に私自身も永久脱毛をする前は毛を抜いていましたが、脇なんて剣山のように濃かった覚えがあります。そう考えると自己ケアって今一度考え直した方が良いという事が分かります。

まずは3kgから…無理したダイエットしてませんか? 2016年5月15日

ゴールデンウィークも過ぎ去って、初夏らしい陽気になって何だか嬉しく感じるものですよね♪ 初夏といえば、日差しも優しくて温暖な事から過ごしやすいもの。外で過ごすにしても家の中で過ごすにしても、快適な温度に違い無いと感じるものです。しかし、初夏ってそんなに長くも無い事が少し残念に感じるものですよね。
そしてこれが明ければ迫ってくるものと言えば……本格的な夏!
夏は夏で爽やかで良い季節には違い無いものですが、薄着のシーズンという事から、体型を気にしている方からすれば、酷なシーズンに違いありません。
そういった意味もあって、今のシーズンから夏に備えてダイエットをスタートさせる! という人って結構多いものです。

2016.05.更新2.12

──しかし、ダイエットを始めるにしても、その目標って高すぎるものじゃありませんか?
今月中に5kg痩せてやる! なんて目標って誰もが打ち出すものではないかと考える事が出来るものですが……確かに目標は大事だと思います。
何をするにしても目標を立てる事って、それだけで張り合いが生まれるものなので、悪い事では無いと感じるものです。しかし、あまり高い目標を立てる事ってダイエットにおいてはおすすめする事が出来ません。
それが何故かと言えば、あまりに過度な目標を立ててしまう事によって美容面だけではなく健康面を損ねてしまう危険性もあるからです。
先程挙げた1カ月に5kg……これって結構過酷な事をしなければ厳しいといえます。
その結果健康を損ねてしまえば、元もこうもありませんからね。
やはり無理はすべきではなく、1カ月におき最高でも3kg程度の減量が最も身体に対しても負荷がかかりにくいと言われているものです。

例えば夏までに5kg痩せたいと考えて……6月に3kg・7月に3kgと計算すれば、2カ月で充分達成出来るものではないでしょうか?
ダイエットは貯金と同じです。健康的に行うのであれば、ジワジワと徐々に目標数値を達成していけば良いものには違いありません。
やはり痩せるのであれば、不健康な痩せ方よりも健康的な痩せ方をしたいものですからね……是非とも、今年は健康的な痩せ方を目指してみてください♪