美白ケアとUVケアどう違う? 2015年9月25日

夏も過ぎ去り、段々と涼しい陽気になってきた事からこそ紫外線の事って、ついつい忘れがちになってしまうものですよね。
しかしこれだけは絶対に忘れてはいけません。
紫外線は1年を通して降り注いでいるものです。故に、紫外線に対する対策は1年を通してキッチリやる事によってシミが出来てしまう事を防ぐ他、紫外線ダメージによる乾燥からシワ・たるみなどの光老化を防ぐ事が出来るのです。

‚¯‚µ‚傤
しかし、紫外線に纏わるケアと言えば、UVケアと美白ケアこの2つが挙げられるものですが……この双方何かに違いがあるものなのか? と、少し疑問に感じてしまうものですよね。

これをざっくりと説明するのであれば、UVケアとは、紫外線から守るケアを示し美白ケアは修復&紫外線によるダメージが肌に出ないように未然に防ぐケアを示しています。
つまりUVケアとは、日焼け止めクリームを塗る他にも、日傘を差したりアームカバーをして素肌を晒さないようにするなどとする物理的なカバーも含まれます。
一方、美白ケアにおいてはデイリーケアにおいては美白成分の配合された化粧品などを用いていくといった事になりますね。
しかし最近紫外線カットも出来て美白成分配合のメイク用品や化粧品なんてよく売られているので、何が何だか分からなくなってしまう事も多いものですね。
けれど、具体的に何が違うかと言えば守るか食い止めるかによって違うという認識では間違いありません。
けれどこの双方のケアでは「どっちの方が大事か?」と更に疑問を持ってしまうものですよね。美容の専門家から言わせて見れば、双方ともと答える人の方が多いかも知れませんが、一部専門家はUVケアの方が大事と解く人も居るそうです
何故かと言えば、根本を絶つ事も出来ますからね。
つまりは当たらなければどうという事は無い理論です。
こればかりは私も納得が出来てしまいました。1年を通して降り注ぐものだからこそ、春夏秋冬を問わずにきっちりとしたUVケアが、いかに白い肌の為には需要か? これは改めて考えさせられるものですね。

生理を味方につけて美肌Get!する方法 2015年9月9日

前回の記事でも言った通り、女性はホルモンバランスの影響もあって肌の調子が時期によってグンと変わるものです。
私の場合は普段出ないニキビが表に出て来てしまうといった症状を見せるものですが、やはりホルモンバランスの影響下の問題というと、解決策が規則正しい生活を送る・刺激を与えないといったくらいでそこまで出来る事がありません。
しかし、この”生理周期で肌状態が変動”するという点を考えると、コレを味方につけてしまえば美肌作りに貢献出来るのではないのか? と、前向きに考える事が出来ます。
そして、実際にこの手段は美肌作りの貢献が出来ます。

まず、生理が始まる1週間半ほど前から子宮は後退し内壁を落とす準備にかかるのでこの時期は体温も下がり、新陳代謝が鈍る状況に陥るので、肌状態があまり良い状況ではありません。こういった時に新たな化粧品を試してみると異常な反応を見せてしまう事もあるので通常通りのスキンケアを行う他、保水・保湿をしっかりと行い新陳代謝が鈍って補いにくくなった分をしっかりと補充する事が大事です。また生理中の約1週間もこれとほぼ同じ事が言えます。皮膚も敏感に傾いている状態なので、刺激を与えない方が良いです。
そして肌がピークい向かうのは生理後からです。
前回の記事でも言った通り、女性はホルモンバランスの影響もあって肌の調子が時期によってグンと変わるものです。
私の場合は普段出ないニキビが表に出て来てしまうといった症状を見せるものですが、やはりホルモンバランスの影響下の問題というと、解決策が規則正しい生活を送る・刺激を与えないといったくらいでそこまで出来る事がありません。
しかし、この”生理周期で肌状態が変動”するという点を考えると、コレを味方につけてしまえば美肌作りに貢献出来るのではないのか? と、前向きに考える事が出来ます。
そして、実際にこの手段は美肌作りの貢献が出来ます。

まず、生理が始まる1週間半ほど前から子宮は後退し内壁を落とす準備にかかるのでこの時期は体温も下がり、新陳代謝が鈍る状況に陥るので、肌状態があまり良い状況ではありません。こういった時に新たな化粧品を試してみると異常な反応を見せてしまう事もあるので通常通りのスキンケアを行う他、保水・保湿をしっかりと行い新陳代謝が鈍って補いにくくなった分をしっかりと補充する事が大事です。また生理中の約1週間もこれとほぼ同じ事が言えます。皮膚も敏感に傾いている状態なので、刺激を与えない方が良いです。
そして肌がピークい向かうのは生理後からです。

基本的に排卵が行われた前・後で考えると非常に分かりやすいです。

前半期は肌が著しく活性化している状態となります。
この時に化粧品の切り替えを行う他、スペシャルケアを行ったりする事で美肌作りに貢献出来きます。一方排卵後という後退していくばかりの周期となるので、過剰なケアを行わず様子見をした方が良いと言われています。
これはダイエットに関しても言える事だそうで、効果を出したいのであれば本気を出すなら前半期に集中した方が良いなんて言われているそうですよ。
後半期となるとやはり代謝が落ちてしまうので、どんなに頑張っても効果が表れません。
こういった点を考慮すると、美肌作りや痩身には生理周期をしっかりと把握した上でケアを行っていく事が大事では? と、考える事が出来ますね。

2015.09.12-1
基本的に排卵が行われた前・後で考えると非常に分かりやすいです。

前半期は肌が著しく活性化している状態となります。
この時に化粧品の切り替えを行う他、スペシャルケアを行ったりする事で美肌作りに貢献出来きます。一方排卵後という後退していくばかりの周期となるので、過剰なケアを行わず様子見をした方が良いと言われています。
これはダイエットに関しても言える事だそうで、効果を出したいのであれば本気を出すなら前半期に集中した方が良いなんて言われているそうですよ。
後半期となるとやはり代謝が落ちてしまうので、どんなに頑張っても効果が表れません。
こういった点を考慮すると、美肌作りや痩身には生理周期をしっかりと把握した上でケアを行っていく事が大事では? と、考える事が出来ますね。